皆既月食という満月が赤くなる現象!? 撮影方法はどんな感じ?【2018/1/31】

皆既月食

皆既月食という満月が赤くなる現象!?

皆既月食と言われる赤い満月「スーパー・ブルー・ブラッドムーン」が2018年1月31日にて空に浮かんでくるという情報が入り、とても珍しいつきとなり、話題となっています。

こんな月が現れるのは海外の地域も含めてだが、約150年振りともなる珍しく面白い月となっている。赤い月となっているため、空を見たら一目で分かるような月となっているようだ。

スーパームーン 最も地球に近づく月!?どのような月なのか?

2017.12.03

1月31日に現れる!?

皆既月食 満月 赤い
via google imghp

1月31日は空を見上げると月が真っ赤になる「皆既月食」が起こる日となっているようだ。こんなにも赤く染まっている月が観測されるのは、約3年振りとなる日本での観測だそうだ。

9時50分辺りから11時までに観測されるみたいですので、結構長い間続いていく満月ともなっている。綺麗に空に映し出されるみたいなので、見る際は比較的見やすい付きとなっているのではないでしょうか。

スーパー・ブルー・ブラッドムーン

スーパー・ブルー・ブラッドムーン 皆既月食 月
via google imghp

スーパームーンとブルームーン、そしてブラッドムーンが同時に現れることによって生み出された月が「スーパー・ブルー・ブラッドムーン」と呼ばれているようです。通常の月よりも明るく見え、とても美しい月となる。

見たら幸せにもなるという逸話もあり、ぜひとも幸せになりたい人にとっては願ってもない月となっているのではないだろうか。こんな月が観測されるのは人生でないかあるかの1度っきりとなっているようで、海外メディアによると約265年に1度となるようだ。

皆既月食の撮影方法

皆既月食 月 珍しい
via google imghp

基本的には一眼レフやミラーレス一眼カメラが最適となっており、三脚も必要になってくる。外は寒いため、防寒着を着るのもいいのかもしれません。アプリで月と自分の位置の距離が調べられるものもあるため、それを使い距離を取ってみましょう。

ただ単に高い所で撮るのがいいのではなく、月と自分が撮る位置の距離間が1番大事な部分となっている。なので、意外と低い所から撮ったほうがいい場合もあるようです。景色と一緒に月を撮りたい場合は、低い位置の方が撮りやすいかと思われます。

皆既月食についてネットでは…

皆既月食まとめ

とても珍しい月となっているので、ぜひとも予定を空けといてじっくりと見てみるべきでしょう!通常の月よりも眩しく、より一層綺麗になっているため、じっくりと見る場合は防寒着など寒さ対策もバッチリにして外に出ることをお勧めします。

世界観が素晴らしい!ストップモーション動画

2018.01.25