11月23日は勤労感謝の日

ご存知でしょうか? 11月23日は勤労感謝の日 で仕事に出向いてたりする人に感謝する日なのですが、皆さんお休みが頂けず嘆いているツイートが今数多くあります。仕方がないことではあるのかもしれないですが、せっかくの祝日ですから休みたいですよね…。

学校に通っている人はバイトなどがない限りは休みの人も多いかもしれないですが、社会人はそうはいきませんよね。

勤労感謝の日って?

日本国民の祝日の1つであり、国民の祝日に関する法律の第2条によれば、「勤労をたつとび、生産を祝い、国民たがいに感謝しあう」ことが制定されています。働いている人達に感謝する大事な日であり、人によっては感謝を表現するために贈り物を渡したりする日でもあります。

ですので、基本的には休みになるはずなんですが…ツイッターでの皆さんの反応はどうなっているのでしょうか?

ネットの声

もう手遅れらしいです…。ここまで来てしまうと「社畜」という言葉に当てはまってしまいます。

勤労感謝の日ぐらい休みたいのに休めない現状をどう打破するかは本人次第ですが、こういった手段も必要なのかもしれないのです。なので、休んでいる人はこの人に感謝するお祈りをしましょう。

悲しいです…勤労感謝とはいったいなんなんでしょうね、こんな日に限って仕事の人達には休んでいることが申し訳ない気持ちになってしまいます。

なんのためにこの祝日があるのかが不明になってくるほど、勤労感謝の日というのが意味がないものになってしまいそうです。

ですが、この祝日皆さんが思っている祝日の考え方ではないそうです。

収穫に感謝する日ということであり、働いている人達に感謝するものでないそうです。これは驚きです。

ならば呼び方を変えるべきですよね。誤解を招くような言葉ですので、ぜめて収穫感謝の日という感じの呼び方の方がしっくりくると思います。

でもなぜ勤労感謝という言葉にしたのでしょうかね?少し謎が残りますが、今後は収穫感謝の日でいいのではないでしょうか。

勤労感謝の日まとめ

ツイッターでも嘆きが多いことですが、もう諦めてここは働くしか方法がなさそうなので皆さん頑張りましょう!もしご家族がいる人は贈り物に期待してお仕事を頑張ってみるのもいいのかもしれないですね。こればっかりはバックレも無理ですし、勤労感謝の日だから休ませてもくれない上司たちに苛立つこともあるでしょうけど、踏ん張ってお仕事を頑張ってこなしていましょう!