ゴマキ弟、後藤祐樹15年ぶり公の場に現在の心境激白。

後藤祐樹

ゴマキ弟、後藤祐樹15年ぶり公の場に現在の心境激白。

後藤祐樹空白の15年を告白

後藤真希”ゴマキ”の弟でも知られている。元EE JUMPのユウキこと後藤祐樹(31)が、8月25日にAmazonプライム・ビデオで配信されるバラエティー番組『今田×東野のカリギュラ』に出演。芸能界を引退してから約15年ぶりに番組に出演した。
“カリギュラ”とは“禁止されるほど試してみたくなる心理現象”。25日に配信される第13話「地上波ではなかなか会えないあの人は、今?!」に後藤さんが出演。MCの今田耕司と東野幸治から呼び込まれると、緊張した面持ちで15年ぶりにカメラの前に姿を見せた。EE JUMPのメンバーとして活躍する絶頂期に数々の問題行動を起こして芸能界を引退し、その後窃盗の容疑で逮捕され後藤が、自身の波乱の半生を赤裸々に語った内容となっている。

後藤祐樹
via google imghp

後藤祐樹、順風満帆なデビュー裏には葛藤も?

1999年に姉・後藤真希が『モーニング娘。』としてデビュー、その会場で事務所の目に留まり、スカウトされて自身も芸能界に入ることになった後藤。ここまでは順風満帆だったが、その直後から運命の歯車が狂い出す。
バンド活動を希望していたが、男女2人組ユニットでデビュー。デビューまもなくラジオ番組やバラエティ番組にレギュラーコーナーが用意され、テーマ曲も起用されるなど破格の待遇であった。
また、モーニング娘。のメンバーだった後藤真希の弟である後藤の話題性も大きく、事務所もだいぶ力を入れていたようだったが、もともと希望した形ではないデビューだっただけに、「恥ずかしかった」という思いから事務所の仕事をバックレるようになり、15歳だった2002年にキャバクラでの飲酒が週刊誌に掲載されたで、芸能界引退の道を選んだという。事務所からは残る選択肢も提示されたが、引退したという。
確かに年頃の男子からしたら、バンド希望がアイドルとしてデビューでは想像したイメージとは真逆の印象に反発がうまれてしまったのも若いが故といえるだろう。

後藤祐樹
via google imghp

怖い方ですか?後藤祐樹の現在の姿に騒然!全身のアレ

振り返ると、2007年後藤は、工事現場から大量の銅線を盗んだとして窃盗と建造物侵入の容疑で逮捕された。その際に首元には大きな刺青。変わり果てた元アイドルの姿に、世間の人々は驚き、記憶に残っているだろう。
そんな彼の現在の姿に視聴者は騒然。引退後、一生残る覚悟を決めて入れたタトゥー。首筋にある鯉の入れ墨は18歳前後の荒れた時期に後先を考えず掘ったそう。どんどん増えていくタトゥーに姉の真希はバカだなぁと漏らしたという。SNSでは、さまざまな声があり、話題だとなっている。

しかしそんな後藤だが、今の目標は入れ墨への認識を変えることという。「まだまだ日本は世間的にも厳しい。印象をよくしていきたいですね」。背中には刑務所内で出会った彫師により、新しい入れ墨も入れている。後悔は「ないですね」とキッパリ言い切り、偏見をなくす活動があれば参加してみたいと語った。もう、御用にならないよう、このまままっとうに生きてほしいところだ。

後藤祐樹
via google imghp