出川哲朗 妻 手紙

出川哲朗からの猛アタックではなく奥さんからアピール

出川哲朗が「A-Studio」に出演し、2004年に結婚した妻について語り、妻からの感動の“手紙”が読み上げられるシーンがあった。
この日笑福亭鶴瓶から「奥さんどんな人なの?」と聞かれた出川哲朗は、「はい、良い子ですね!」と即答。
さらに出会ったきっかけを聞かれると、

出会いは、もともと前の彼女と同棲していて、別れちゃったのを『ロンドンハーツ』で特集してくれたんですよ。そしたら彼女がそれ見てたらしくて。『あ、優しい人だな、会いたいな』と思ったら、僕の後輩と奥さんの友達が知り合いだったんですよ。それで、じゃあ会おうってことになったのが一番最初でしたね

と明かす。

▼出川哲朗、妻からの感動の手紙!?
出川哲朗 妻 手紙
via google imghp

どうやら出川哲朗からの猛アタックではなく奥さんの方からアピールしてきたようだ。
初めて対面したときの妻の第一印象を、「かわいいと思いました」と思い返す出川哲朗。
妻のことが今でも大好きなようでニコニコと語っていたが、番組の最後にはサプライズで妻からの手紙が読み上げられることになった。

▼普段はいじられているが手紙ではラブラブ
出川哲朗 妻 手紙
via google imghp

「ご主人はどのような方ですか?」との質問には

テレビで見るそのままの人です

また、「一番好きなところは?」と聞かれると

心の温かい、愛が溢れてる、ハートフルなところです

など、出川のプライベートが明かされていく。
そして最後には次のようにつづっていた。

恥ずかしくて、13年一度も言ったことがありませんが、たくさんの出会いの中で、私を選んでくれてありがとうございます。これからも体に気を付けて、笑いの絶えない2人でいましょう。いつもありがとう

これは視聴者も本人も相当感動しただろう。

▼手紙からわかるように長年ラブラブな様子
出川哲朗 妻 手紙
via google imghp

[kanren postid=”34008″]

後楽園遊園地のジェットコースターに乗ったのが始まり

長年連れ添いながらもお互いを大切にしていることが良くわかる。
感動の面持ちで聞き入る出川も、きっと愛を再確認したに違いないだろう。
そんな出川哲朗はその後、リアクション芸を始めたきっかけも明かした。
もともとはウッチャンナンチャンと、プライベートで後楽園遊園地のジェットコースターに乗ったのが始まりだったという。
だんだん上がっていく怖さに「すみません僕、降ります!」と思わず言ったところ周囲の客が笑ったのだという。

▼出川哲朗、リアクション芸のきっかけを語る
出川哲朗 妻 手紙
via google imghp

その姿を見たウンナンが、出川にリアクションをさせるようになったのだとか。
どうやら出川哲朗の形を作り上げたのはウッチャンナンチャンだったらしい。
その後、ビートたけしと初対面。

お前の一言でコマーシャル行ってやるよ

と言われた出川哲朗は、

タケちゃん、これからも宜しくな

とまさかのたけし様に偉そうに肩を叩いたところ、たけし軍団たちにボコボコに殴られたのだという。
その時出川哲朗は痛がりながらも、これで芸人としての生活がスタートすると確信したという。

▼リアクション芸で一躍有名に
出川哲朗 妻 手紙
via google imghp

[kanren postid=”34443″]

その収録後、周りから「これから本当の仲間だ、宜しくな」と握手され感激したというが、その後上島竜兵に「俺の出番減るだろうが!」とキレられ、「小さい男だ」と思った笑い話にしたのだった。
心が広く家庭もプライベートも幸せそうな出川哲朗。
今後もたくさんの人から愛されるキャラクターでいられることだろう。

出川哲朗についてツイッターでは

などのコメントが上がっている。

出川哲朗についてまとめ

初めて妻と対面したときの印象を、「かわいいと思いました」と語る出川哲朗。
妻のことが今でも大好きなようで、番組の最後にはサプライズで妻からの感動の手紙が読み上げられることになった。
そんな出川哲朗はリアクション芸を始めたきっかけも明かし、ウッチャンナンチャンと、後楽園遊園地のジェットコースターに乗ったのが始まりだったと語る。
「すみません僕、降ります!」と登っている最中に思わず言ったところ周囲の客が笑ったのだという。
たくさんの人に愛されてここまで上り詰めた出川哲朗。
今後もその個性的なキャラクターで人気は衰える事を知らないだろう。