ウィルスミス イベント 神対応

昨年8月以来の1年4ヶ月ぶりの来日

ウィル・スミスが都内で行われたオリジナル映画『ブライト』のジャパンプレミアに参加し、寒空の下の野外イベントでカリスマならではの神対応を見せた。

▼ウィル・スミス、ブライトのイベントで神対応を見せる
ウィルスミス イベント 神対応
via google imghp

ウィル・スミスの来日は、昨年8月以来の1年4ヶ月ぶり。
今回はジョエル・エドガートン、ノオミ・ラパス、デヴィッド・エアー監督共に来日し、ファンも歓喜の声を上げていた。
ジャパンプレミアでは集まったファンと写真を撮ったり、サインを書いたり投げキッスするなど体を張って大サービス。
イベント中も「ウォー!」とシャウトを連発し、会場を盛り上げてくれた。

▼イベントで盛り上げまくりの神対応
ウィルスミス イベント 神対応
via google imghp

その姿にデヴィッド監督も

撮影中も、ずっとこんな感じでした

と振り返る。
さすがウィル・スミス、周囲を盛り上げることにも長けているようだ。

▼イベントで神対応、撮影中も変わらず!?
ウィルスミス イベント 神対応
via google imghp

[kanren postid=”38474″]

“もう一つの世界”のロサンゼルスが舞台

野外イベントとあってラストには「早く、この寒さからみなさんを解放したい」と笑いながら締めくくった。
ちなみにイベントは予定された通りの時間でピッタリ終わったんだとか。

▼ウィル・スミス、日本が大好き!?
ウィルスミス イベント 神対応
via google imghp

同映画は、人間とさまざまな種族が共存している“もう一つの世界”のロサンゼルスが舞台となっていて、異なる種族の警察官、人間のウォード(ウィル)と怪物オークのジャコビーが、巡回中の夜に起きた事件で、謎の少女と「魔法の杖」に出会ったことで大きな事件に巻き込まれていくというものだ。
正体不明の敵や謎の生物たちと戦いながら事件に迫っていくアクション映画。

▼日本が大好きとことで、とても嬉しそう
ウィルスミス イベント 神対応
via google imghp

[kanren postid=”41808″]

そんなウィル・スミスはワールドツアーの締めくくりに日本を訪れたのだが、

最高の地を最後に残したんです。
とっても興奮しています

と嬉しそう。
日本のことがとても大好きなようだ。
ぜひウィル・スミスの熱演を観に映画館へ脚を運んでほしい。

ウィル・スミスについてツイッターでは

などのコメントが上がっている。

ウィル・スミスについてまとめ

ウィル・スミスが来日したのは、昨年8月以来の1年4ヶ月ぶりのこと。
ファンも歓喜の声を上げていた。
ジャパンプレミアでは集まったファンと写真を撮ったり、サインを書いたり投げキッスするなど神対応を見せたウィル・スミス。
「ウォー!」とシャウトを連発し、会場を盛り上げてくれた。
同映画は、人間とさまざまな種族が共存している“もう一つの世界”のロサンゼルスが舞台となっている。
正体不明の敵や謎の生物たちと戦いながら事件に迫っていくストーリーだ。
日本が大好きなウィル・スミス。
そんな彼の映画を観にぜひ足を運んでみて欲しい。