【ブラジリアン柔術】安心安全な格闘技!柔術のスーパーテクニック集!

ブラジリアン柔術 安心安全 格闘技

道着を着た格闘技!打撃一切なしの組み技格闘技!

世界に様々な格闘技があります。メジャーなのはボクシングとか空手、柔道や、相撲など。しかし、格闘技の数は数えられないほど存在しており、いまでも世界のどこかで新しい格闘技が生まれてます。今回は競技人口は多いものの、未だマイナーな存在の格闘技「ブラジリアン柔術」についての動画をまとめました。
名前を聞いて知らない人がいれば知っている人もいると思います。どうゆう内容かというと、主に「寝技」で争い、立ち技もあるが「柔道」の立ち技とは違い、たとえ綺麗に投げたとしても勝ちではない。ポイントをもらうだけであり、ではどうやって勝つのかというと、相手が負けを認めタップするか、関節技か締め技でキメるという2点です。知らない人や興味がない人が見たら、2人が座ってずっと抱きついてるだけに見え、「簡単じゃん」とか「楽じゃん」と思うかもしれません。しかし、実際はものすごく辛いことをしている訳であって、決して楽なものではありません。また柔術は、安心安全な格闘技として知られており、女性の人口も増えて着ています。ダイエットにも効果的でモデルなどもやっているほどです。

▼この動画の人はブラジル出身のビビアーノフェルナンデスという選手です。彼は柔術の世界チャンピオンであり、身軽な体を生かした戦いが得意で小さい体とは裏腹にものすごい力が強いです。

▼続いての動画は日本の総合格闘家「バカサバイバー」こと青木真也選手。世界では「跳び関十段」という異名で知られており、その名の通り足への関節が得意な人物です。技へ入りが綺麗で何が起きてるのかわからないということもあるほどうまい。組み技のスペシャリストです。

▼最後の動画は柔術といって忘れてならないのがヒクソン・グレイシー。この動画は「チョークスリーパー」をまとめたもの。独自の独特な鍛錬が話題となっており真似する人も。ヒクソングレイシーの技は「グレイシー一族」として受け継がれています。

柔術についてネットでは

柔術についてまとめ

いかがでしたでしょうか。少し興味が出てきた人もいるのではないでしょうか。傷ができず安心安全でダイエットにも効果的となっちゃあ、やるしかないでしょう。韓国では歌手やモデルもやっており、興味が沸くまでが長いかともいますが手を出したら熱中してしまうこと間違いないです。あの柔道オリンピック金メダリストの内柴正人選手も、柔術を始め出場した2大会ともに2階級を制覇しています。ぜひ、どこか道場を探して、一度体験をされてみてはどうでしょうか。

ブラジリアン柔術 安心安全 格闘技

via google imghp