新日本プロレスヘビー級絶対王者オカダカズチカに内藤が挑む!

ヘビー級 絶対王者 オカダカズチカ

実力のオカダvs人気の内藤!

正月恒例となっている新日本プロレスの1月4日の東京ドーム大会がやってくる。

過去最大規模の観客動員を見込まれる日本プロレス界最大の興行で、メインカードに組まれるのはIWGPのヘビー級選手権であり、30歳になり立ての絶対王者オカダ・カズチカに、制御不能ユニット「ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン」を率いる内藤哲也が挑む。

実力のオカダvs人気の内藤。

▼オカダカズチカvs内藤

ヘビー級 絶対王者 オカダカズチカ

via google imghp

若手時代から因縁渦巻く2人の1つのクライマックスが近づくなか、それぞれの心境を直撃した。

オカダは「僕は0対10でも良いと思っているんですよ、応援が。はっきりしているじゃないですか。『オカダ、本当に負けてくれ』というくらいまで突き抜けたい。ブーイングされても黙らせる自信はありますしね。する余裕もなくなってくると思いますし、お客さんも試合に入っちゃって」と自信を見せつける。

▼レインメーカーのオカダカズチカ

 

ヘビー級 絶対王者 オカダカズチカ

via google imghp

柔術家として再出発した柔道家内柴正人がプロレスのリングに!?

2017.12.30

 あまりにも強すぎるオカダカズチカ!

王者オカダを取り巻く環境は、この1年間でよもやの方向に振れ他のだが、会場で響き始めたのはブーイングであり、理由は単純明快に強すぎるから。

ヘビー級ベルトの最長保持期間も歴代1位になり、負ける姿がもはや想像できない。

▼あまりにも強すぎるオカダカズチカ

ヘビー級 絶対王者 オカダカズチカ

via google imghp

ゆえに判官びいきの心情がLIJの内藤人気とシンクロする形で、反オカダの雰囲気をつくり出す。

ただ、当人はハンパな非難ではなく完全な非難こそ求めており、それくらい憎たらしい存在として君臨したい使命感がある。

「ロス・インゴのブームも結局は僕のおかげじゃないですか。僕が強いから倒してほしい人が内藤さんに乗っている。僕がいなくなったらブームはなくなるでしょう」と、自負がそう言わしめる。

オカダカズチカのチャンピオンとしての責任

新日本プロレスは、昨年7月に米国で興行を行ったのだが、世界最大の団体WWEが牛耳る国への殴り込みの旗振り役は、当然ヘビー級のベルトを巻くオカダだった。

そこで肌で感じた関心度の高さ。

1つには昨年大会のメインでオメガと戦った王座戦の評価の高さがあった。

だからこそ「すごく世界から注目されていると思うし、今年はまたあれ以上の戦いがあるのかと見られると思われる」と、心境を語った。

▼オカダカズチカのプライベート

ヘビー級 絶対王者 オカダカズチカ

via google imghp

それに応え、オカダは王者として団体の世界戦略をけん引しなければならない。

4年前、内藤を相手にした防衛戦はダブルメインカード扱いになり、ファン投票で棚橋対中邑のインターコンチネンタル王座戦に敗れて大トリはかなわず、セミファイナル扱いに甘んじた。

オカダは」「悔しかった。その年はずっと防衛戦を戦い続け、勝ち続けたから」と、屈辱をカンフル剤に、¥その後は憎たらしいほどの絶対王者ぶりを示してきた。

「僕はやっぱり、チャンピオンとしてチャンピオンの仕事をしなくてはいけない」。

▼オカダカズチカの活躍を注目していきたい

ヘビー級 絶対王者 オカダカズチカ

via google imghp

視線を海の向こうに向け、内藤ファンを沈黙させる熱戦を表明する。

人気ホステスからプロレスラーに転身したジュリアが話題!

2017.11.18

オカダカズチカについてネットでは

オカダカズチカについてまとめ

プロレスヘビー級絶対王者のオカダカズチカ。正月恒例となっている新日本プロレスの1月4日の東京ドーム大会がやってくる。過去最大規模の観客動員を見込まれる日本プロレス界最大の興行で、メインカードに組まれるのはIWGPのヘビー級選手権であり、30歳になり立ての王者オカダ・カズチカに、制御不能ユニット「ロス・インゴベルナブレス・デ・ハポン」を率いる内藤哲也が挑む。実力のオカダvs人気の内藤。勝敗の行方はいかに。